FC2ブログ
TOP > 映画日記 > Julie and Julia

Julie and Julia 2009.11.20

 確実におなかがすく映画。そして料理したくなることうけあい。

 トロントで秋口に観たものをNY(2か所ある舞台の一方)を旅行後にパリ(もう片方)でもういちど鑑賞(思えば贅沢である)。2回観てもじゅーぶん楽しいおいしい映画なので、食べることを愛する方には強烈におすすめ。

 フランス語なまりの英語がたくさん登場するのも個人的には見どころ。



Mastering the Art of French Cooking, Volume IMastering the Art of French Cooking, Volume I
(2001/10/16)
Julia ChildLouisette Bertholle

商品詳細を見る


 日本公開は12月12日(土)だそうです。Bon apetit!

コメント

御存知かもですが、マーシャ メヘラーン『柘榴のスープ』も”料理したくなる”小説。

2009.11.29 | URL | ろばと #- [ 編集 ]

コメントありがとう。
読んだことないので帰ったらトライしまーす。食べもののおいしい描写って女性作家が格段にすぐれてる気がする。全般的に女性の方が食に情熱がつよいからかなぁ。

2009.12.15 | URL | fumico #3jISyIMY [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »