FC2ブログ
TOP > 映画日記 > [映画日記] ティファニーで朝食を

[映画日記] ティファニーで朝食を 2009.11.06

ティファニーで朝食を [DVD]ティファニーで朝食を [DVD]
(2006/04/21)
オードリー・ヘプバーンジョージ・ペパード

商品詳細を見る


 せっかくNYに行くので、というのと目の保養でもしよかいなというのとで久しぶりに見返してみたらオードリー・ヘップバーンは記憶に違わず美しかったけれど、「あれ、こんな映画だったかな」という印象。むかーし原作も読んだが多読乱読雑読の時期だったせいかよく覚えていない。



 前回鑑賞したとき(これもだいぶ前だ。父が名作映画DVDシリーズを買い漁っていた中学生くらいの時期?)に比べてつっこみ精神が旺盛になってしまったのか、話の展開に「あれー」「おいおい」という声が出てしまって、ロマンティックさに耽溺できなかった。そもそも原作はこんなにロマンティックな話ではなかったように記憶しているのだけれどどうだったか…。読み返して検証してみなくては。

ティファニーで朝食を (新潮文庫)ティファニーで朝食を (新潮文庫)
(2008/11/27)
トルーマン カポーティ

商品詳細を見る


 物語のさまざまな構成要素の中でも、とりわけ乙女のロマンティシズムに絶妙にブレーキをかけてくれるのは、主要登場人物のひとり(?)である日本人のユニオシ氏。21世紀の日本人の目で見ると、ステレオタイプを超えたステレオタイプというか存在自体が強烈なギャグのように感じてしまうが、映画公開当時の非日本人の目にはどのように映ったのだろうか。




 ともあれ名曲は名曲。街を歩きながら鼻歌していたらすれ違ったおじさんににこーっとされた…

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »