FC2ブログ
TOP > トロント生活記 > いきづく

いきづく 2009.09.24

 うちの近所の道路にちょこちょこいる、こいつ。







 近くにあるデザインカレッジの学生のしわざだと思う。
 あ、ここにもいた!と思ってちょっとうれしくなる。

 これを見て思いだすのは

自分の詩で、いちばん理想的に流通しているのは、『鉄腕アトム』なんですよ。
『鉄腕アトム』の作詞者がぼくだということを知らない人は、すごく多いんです。

「え? 谷川さんが書いたんですか。 ぼくは小学校のときから好きで歌ってました」
みたいなことを言われるのが、詩人としてのひとつの理想的な姿です。

「詩人は忘れ去られているけれども、歌は巷に流れている」っていう『詩人の魂』というシャンソンがあるんですけど、そういうのが本当は理想です。

あるいは、万葉集の「詠み人知らず」とかね。


 という谷川俊太郎氏の言。
 (糸井重里氏との対談『一輪の花と等価の詩が書けたら』の中での発言がほぼ日手帳に載っていた)

 そんなふうな流通のしかたをするアートがあってもいいなと思った。

 ほかにそんなふうな流通のしかたができるもの、何があるだろうか。



Art Gallery of Ontario通称AGO。

コメント

……アゴ!?

2009.09.25 | URL | かじ #- [ 編集 ]

そういえば生粋の関西人だったな、と思いださせてくれるコメントをありがとうございます(笑)

2009.09.25 | URL | fumico #3jISyIMY [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »