FC2ブログ
TOP > 徒然記 > なまえのこと part2

なまえのこと part2 2009.07.17

 名前について書くのは2回目。前回のはこちら

 愛読サイトほぼ日同姓同名観測所というコーナーがおもしろい。名前っておもしろいなと改めて思う。

 ちなみに当方の同姓同名さんは東京で演劇をやっている(/た)。検索するとだいぶ前の講演情報がヒットするのだけれど、今はもうやっていないかもしれない。9年前に大学生だったので、もしかしたら今はもう結婚かなにかされて同姓同名ではない可能性もある。顔もかたちも知らないけれど、まったく同じ名前の、あるいはひところまったく同じ名前だった彼女の人生、わたしと彼女をつなぐ細い糸に思いを馳せる。近年流行のはではでしい名前の子らはそういう楽しみがなくてかわいそうだなーと思う。

 高校の同級生に同姓同名がいたけれど、苗字の漢字が違っていたのでそれで区別されていた。姉の中学の同級生の同姓同名同漢字ふたりは住んでいる地区が違っていたのでそれで区別されていた。

 人類学という狭い業界にも同姓同名の研究者がおふたり。漢字が遠目にみるとわからないくらいびっみょーうに違うけれど音は同じ。区別しなければならない場面に出くわしたことはまだないが、区別するならやっぱりフィールドを冠するのだろうか…「エジプトOさん」と「インドネシアOさん」?




 BUZZの連載読んでた。なつかしい
同姓同名小説 (新潮文庫)同姓同名小説 (新潮文庫)
(2008/08/28)
松尾 スズキ

商品詳細を見る

コメント

昔は結構名前晒すのが問題視されていなかったのか、そもそもそんなこと考えないでもいい時代だったのか、朝日小学生新聞の文通欄で何人か同姓同名さんと知り合いました :-)

私は同じ苗字が学年に6人いたときがありました(^^;

苗字代わって5年目ですが、さすがに慣れてきました。。。最初は呼ばれても返事が出来ないので不思議。

しかし、フィールド名で呼ぶっておもしろいね。

2009.07.17 | URL | akipponn #OARS9n6I [ 編集 ]

朝日小学生新聞の文通欄!わたしも使ったことあります!うわーうわーなつかしい。

わたしも結構地元じゃよくある苗字なのでちらほらいましたよ。田舎なのでお年寄りは苗字を聞けばどこの地区(かつての村、「ザイショ」といいます)に住んでいるかわかったりするのです…

2009.07.19 | URL | fumico #3jISyIMY [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »