FC2ブログ
TOP > 徒然記 > J'etudie le francaise.

J'etudie le francaise. 2009.06.26

 (タイトル、セディーユになってませんがお目こぼしを…)

 すこし前に自学自習を始めたフランス語が楽しい。

 カナダで売っている製品は商品名からなにから必ずフランス語も併記されているので、徐々にわかってくるようになるのもうれしい。

 1回生の今ごろに同期の子が「(第2外国語の選択を)失敗したー」と言っていたのを覚えているのだけれど、今の時点で(テキストの半分ちょい前くらい)そんなにむっずかしーと感じることもなく進んでいる。

 1回生の前期にいろいろすっ飛ばしてラテン語と格闘してみたのがよかったのか。
新ラテン文法新ラテン文法
(1994/05)
松平 千秋国原 吉之助

商品詳細を見る


 1回生の後期にもろもろぶっ飛ばしてトカラ語(不本意ながらWikipedia)なんかやってみたのがよかったのか。
印欧語の故郷を探る (岩波新書)印欧語の故郷を探る (岩波新書)
(1993/02)
風間 喜代三

商品詳細を見る

印欧語 (文庫クセジュ)印欧語 (文庫クセジュ)
(2001/08)
ジャン オードリー

商品詳細を見る




 2回生になってからうろうろ血迷ってアラビア語に手をつけたのがよかったのか…
 (付き合ってくれたIちゃんあらばこその1年間でした…改めてありがとう)
現代アラビア語入門現代アラビア語入門
(1999/04)
黒柳 恒男飯森 嘉助

商品詳細を見る


 大学院から始めて仏検をぐいぐい取得している先輩に薦めていただいたテキストがいいのか…
文法から学べるフランス語文法から学べるフランス語
(2004/06)
佐原 隆雄

商品詳細を見る

(めちゃくちゃわかりやすいです。Kさんありがとうございます)

 とかく、なんだこれわけわからーん、という思いをすることなくテキストを消化できている(もしやヤマはこれからなのか…!?)。もちろん覚えてすぐ使えるというわけではないのだけれど、テキストを傍らに置いて確認しつつなら読める、という文章が着実に増えてきている。

 しかし、英語も中学生からこっち文法が難しいなどと感じたことがなくてもまともに話ができるようになるまでにここまでかかった(そしてまだまだ途上…)ということを考えれば、"モノになる"までの道程は遠いと考えるべきだ。

―――ほんなら"モノになる"ってなんじゃらほい、という話につづく。

 
 景気づけに夏にモントリオールに行こう。



 英語の勉強はSpeaking&Listeningフォーカス+TOEIC/TOEFLなのに加えて初歩の初歩フランス語をやっているせいでLang-8はややご無沙汰気味。そろそろ近況報告でもしなくては。フランス語自己紹介でも書くかなぁ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »