FC2ブログ
TOP > 映画日記 > Before Sunrise / Before Sunset

Before Sunrise / Before Sunset 2009.06.19

 批評というやつがどうも得意でないので、英語勉強に焦点を当てて、観た映画のことなど。

 『Before Sunrise』と『Before Sunset』。公開9年後に前編の9年後を舞台にした続編がでるという、作品への愛を感じるはからい。Sunriseのとんでもない邦題はどうぞ無視を…

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 [DVD]ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 [DVD]
(2008/10/08)
イーサン・ホークジュリー・デルピー

商品詳細を見る


 女の子がフランス語ネイティヴという設定のためか、メインの2人の英語はとてもクリア。このくらいならなんとか字幕なしでおおかた理解できるようになりましたですよ。あとからスクリプトを読むと勘違いしてた、ということもあるものの。勘違いや聞き逃しを差し引くと理解率は7割といったところか…

ビフォア・サンセット [DVD]ビフォア・サンセット [DVD]
(2008/10/08)
イーサン・ホークジュリー・デルピー

商品詳細を見る


 2本とも、大部分が男女の会話で構成されているのだけれど、それがほんとに"いい"んだな…
 Sunriseのウィーン、Sunsetのパリの街並みもかなり素敵で、眺めていてしあわせ。おすすめです。






 ところで、やや中身にふれますが。

 女の子が「自分はほんとうは今にも死にそうな老女で、ベッドに横たわっていて、これまでの人生を回想していて…今自分が生きていると思っているこの時間は、その回想の一部なのではないか」というシーンがあるのですが、わたしもこれとまっっっったく同じ妄想をちいさいころからしていた。まったく別の映像作品でも同じ表現をみたことがあってとってもびっくりしたのです(こちらはこの2編からの"inspire"か…?)。

ウェイキング・ライフ [DVD]ウェイキング・ライフ [DVD]
(2007/05/25)
洋画≪初回生産限定版≫

商品詳細を見る


 少なくともわたし自身は幼少のみぎりから、小説なり映像なりでみるまえからこの考えにとりつかれているのは間違いない。けれどこれってわりに普遍的な妄想(??)だったりするのだろうか。

 わたしもそんなこと考えたことある!!という方、おしえてください。あと別の本なり映画なりで同様の表現をみたよという情報も。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »