FC2ブログ
TOP > 徒然記 > いつもそこにあるすごさ

いつもそこにあるすごさ 2009.06.02

From Days


 これまでもさんざん参照してきていますが、まだ持ちあげます。
 ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)。「ゴキゲンを創造する、中くらいのメディア」というすばらしいキャッチフレーズのもと、いい加減で人間くさいウェブの世界で情報を発信し続けて、今年で11年だという。もちろんただ続けているだけで偉いということは絶対になく、続けているだけで偉くなってしまったひとは往々にして困ったちゃんなのだけれど、この続けかたはほんとうにすごいと思う。

 11年前に女子高生がエッセイの連載を始めて(『ぼーっとした女子高生通信』)、大学生になっても続けて(『ぼーっとした青春編』)、卒業後糸井重里事務所に新卒入社して、"アラサー"になった今も連載を続けている(『ぼーっとしたミーハー通信』)というのだから。

 いい加減であることを誰もが許されていて、積極的にみんないい加減であろうとしているウェブで、いつもちゃんとそこにある、これからもあり続ける、というのはほんとうにすごい。安心してリンクも貼れるし、ひとさまにおすすめもできる。

 「わかりやすさ」の程度が絶妙なのもすばらしいと思う。情報の階層化がうまいことなされていて、自分がほしい情報への道筋が誰にでもわかる。考えてつくってあるんやなぁという感じがする。

 あほな言い間違いの一発ネタと、おいしい海苔の通販と、新型インフルエンザの予防方法と、吉本隆明のオーディオブックとエトセトラ、という雑多具合が全然気持ちわるくないのは不思議だ。mixiニュースの混ざりっぷりには耐えられないのに…。単に好き嫌いの問題ですかね。


From Days

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »