FC2ブログ
TOP > 読書日記

ガイアの夜明け 2009.09.14

 番組の内容を活字に起こしたもの。留学センターの貸本で日本語の軽めの文庫本~(ダウンロード待ちやフリーズのときに読む用~)と思って手に取ったものの、予想外におもしろい。日経スペシャル ガイアの夜明け終わりなき挑戦 (日経ビジネス人文庫)(2005/11)テレビ東京報道局商品詳細を見る...

スポンサーサイト



「日本」とは何か 2009.09.10

 大枚$8、思い切って購入。十二分に価値あり。おっもしろい!「日本」とは何か 日本の歴史00 (講談社学術文庫)(2008/11/06)網野 善彦商品詳細を見る うちの大学の文系の入試はセンター試験と二次試験で地歴教科の選択を替えろ、という鬼畜なのだけれど、やはりそれはそれなりに道理があり、意味のあることだったと思う。わたしはセンター試験で日本史、二次試験で世界史だった。現役受験生時代は「ぜったいに一般公立高校生に不...

ビブリオバトルWEBサイトα版 biblobattle.net試験公開開始! 2009.09.09

 知的書評合戦ビブリオバトル!! WEBサイトはこちら! http://bibliobattle.net/ 運営メンバーの末席に加えていただいておりながら、MLで飛び交っている技術関係の用語に目を背けているうちに唯一お手伝いできそうだったチラシ制作も先を越されてしまうという有様。せめて宣伝に精を出すであります。...

職業としての学問 2009.09.07

職業としての学問 (岩波文庫)(1980/01)マックス ウェーバー商品詳細を見る 一気に2回続けて読む。ぺらっぺらなのに全ページ2回は付箋を貼りたくなる。やっぱりすごいわ、ウェーバー。...

青春の蹉跌 2009.09.05

 ¢80で入手して、5年ぶりくらいの再読。前回読んだときの記憶を辿っているうちにさして入り込めないまま1時間くらいで読み終わってしまって、作品自体の感想ははっきり言って、特になし…。青春の蹉跌 (新潮文庫)(1971/05)石川 達三商品詳細を見る Amazonのレビューをざっと読んでみたのだけれど、突っ込みどころにも迷うほどわけのわからんレビューが多くてげんなりした。自分もこの作品に関しては語ることがあるぞ、と多くのひ...

«  | ホーム |  »