FC2ブログ
TOP > 徒然記

有機的な情報 2009.10.05

(またいい加減な用語を使ってしまっているというツッコミを、むしろ求めているようなタイトル…?) 今お手伝いしているとあるお仕事で、「京都にあるガケ書房みたいなギャラリー」を東京エリアで探してリストアップしなくてはならなくなり、予備知識のないままネットの海をさまよった挙句ふと思い立ってmixiの日記に書いてみたところ、アーティスティックなマイミクのみなさんが次々と情報を寄せてくださってありがたかった。そ...

スポンサーサイト



図書館新世紀 2009.10.03

 ダウンタウンの中心Yonge×Bloorに程近いところに巨大な図書館、Toronto Reference Libraryがある。普段勉強には家の近所の図書館を利用することが多いのであまり行く機会がないのだけれど、待ち合わせついでに久しぶりに行ってみた。まともに座って作業をするのは4月のはじめ、心細さに負けてアカデミックのかほりを求めにやってきて以来。以前ehonさんのブログでも図書館で行われていたダンス教室のレポートをされていたけれど...

かわいいこには 2009.10.02

 Jewish Neighbourhoodの調査のために自転車を北に走らせていたところ、信号待ちでとある日本人青年と再会した。3ヶ月くらい前にとあるイベントで出会って少し話をしただけだったのだけれど、向こうもわたしのことを覚えていてくれて、話しかけてきたのだ。その青年、ワーキングホリデーでも留学でもなく、入社した企業の研修の一環として滞在しているのだという。なんでも入社1年目にあたる年を丸々海外で過ごすことができ、渡航...

ホステル日記:Jのこと 2009.09.26

 Jという名の年齢不詳のその男はいちおうわたしの滞在しているホステルの“スタッフ”らしいが、まともに働いているところをあまり見たことがない。日がな一日入口あたりに座って、煙草を吸うかビールを飲むかしながら外を眺めている。陽が落ちるとロビーでテレビを観ている。わたしの個人的な調査によると平均して一日ひとケース(12本)のビールを空けている。先日は酔って雇用主であるはずのオーナーの悪口を大声でまくしたてて...

なんにもできない 2009.09.19

 日本のとある4年制大学で文化人類学専攻の学部4回生と話す機会があった。夏休みを利用して英語の勉強に来ているという。2人きりではなく数人の他の子と一緒に話していた場だったので専門の話に深く立ち入ることはできなかったが、その簡単な同業者間の会話の中でもどうしてもひっかかる言葉があった。 「文化人類学って学部生じゃなんにもできないじゃないですか」 まずは単純に「ん、そうかな?」という疑問。自分自身と自分...

«  | ホーム |  »