FC2ブログ
TOP > トロント生活記

いろいろあるけど 2009.10.30

 「温泉はないけれどあたたかい町」 というのはわたしの故郷の町(平成の大合併で消滅した)のかつてのキャッチフレーズである。否定から入って、それフォローになってるのか?と思わず突っ込みたくなるようなやんわりとした持ち上げ。そのつつましやかな態度がまさしく「日本列島の盲腸」と呼ばれる半島の付け根という微妙極まりない立ち位置をも象徴している…ような気もする。 これにならって、半年以上生活の拠点を置き、ひ...

スポンサーサイト



ここであいましょう 2009.10.28

 トロントでも3大びっくりしたことに数えられるであろうできごと、それは、 高校時代のALT(Assistant Language Teacher:英語ネイティヴの補助教員)の方にたまたま再会したこと。 Japan Foundation(国際交流基金)という組織のトロント支部に日本語の本・日本語学習のための本が置いてある図書館がある。フランス人の友人とランゲージエクスチェンジをしていた折、参考になる本があるかもと思いふらっと行ってみたときのこと...

トロントぐるめ紀行<クライマックス> 2009.10.27

 外食の連れも得たり、トロントで出会ったいろいろなひととお別れのお茶やごはんに出かけたりで、トロント最後の日々はおいしいもの漫遊で駆け抜けた。しかもそのほとんどはごちそうになったりおごってもらったり。うれしいおいしい一方で、もじもじといたたまれない思いをした。 おもしろい話をたくさん聞かせてもらったうえにごはんまでごちそうになってしまったりするともう申し訳なくて、あああなんとかご恩返しができる人間...

Oui, ça va. 2009.10.25

 しばらく更新がなかったので生きてんのかーと心配してくださった方もありましたが(わざわざメールもありがとうございます)、どっこいしぶとく生きています。どちらかというと生活の感覚がスロウダウンしている一方でやることが増えてきているのでわたわたしていますが、腑抜けてはいないつもり。 トロントはいよいよ秋まっさかりー 書くことはいっぱいたまっているので、日付をさかのぼって更新していくと思われます。気にな...

トロントぐるめ紀行<後篇> 2009.10.24

 トロント最後の日々はほとんどグルメツアーな感じでした。しかも大半がおごられというふてぶてしい留学生(ズ)…みなさまありがとうございます! トロント郊外Richmond Hill、白いクロスがまぶしいレストランにて、オーセンティックな広東料理をいただくの巻。友達のおじさんが経営のお店なので、場違いで罰当たりな贅沢させていただきましたです… 北京ダックBefore 北京ダックAfter 蒸したての皮につつんでい...

«  | ホーム |  »